乳児用調整乳

母乳に含まれているアラキドン酸の量

赤ちゃんの成長において、欠かすことのできないものが、母親からもらう母乳です。
赤ちゃんが母乳を欲しがることが、とても理にかなっていることだということは、母乳に含まれているたくさんの栄養分を考えても当然のことです。
そうです、赤ちゃんの身体的、精神的成長を促進させる栄養分が、母乳にはたくさん含まれているのです。

それはそうと、日本人の母親が生成する母乳は、特に子どもの成長に良いようなのですが、それはなぜでしょうか。
それは、日本人の食生活に秘密があるようです。

日本人は、他の国よりも、統計的に見て『魚』料理を好んで食べる傾向があります。
焼き魚でなくとも、寿司が嫌いという人はあまりいないでしょう。

魚を多く摂取することにより、母親の母乳に含まれる『アラキドン酸』という成分の含有量が多くなる傾向にあります。
そのため、子どもの成長―特に「脳」の成長をアラキドン酸が著しく促進するのです。

よく、子どもにものを覚えさせるには、早ければ早いほど良い、と言います。
子どもの脳はたくさんのことを吸収し、習得します。
その時期にどのようなものを見て、聞いて、食べて、アラキドン酸で促進するかが、子どもの成長において大変重要な要素であることは、反論の余地がありません。
毎日の食事にアラキドン酸を含む食材を摂り入れたり、サプリメントで補っていきましょう。
アラキドン酸サプリの役割についてはこちらのサイトで詳しく解説されていますのでご覧ください。