乳児用調整乳

若いを考えだしたらアラキドン酸を摂る

『若い』って、何でしょう。
元気なこと?肌がきれいなこと?
性格が活発なこと、何をも恐れないこと?
いわゆる「若さ」の定義はあいまいで、人によって考え方は異なります。

「若いままでありたい」と願うのは、人間の本能的な思考ですが、どこの部分が若いままでありたい、若返らせたいのか―それも人によって異なります。
お肌でしょうか?それとも体力でしょうか。
もちろん、どちらも若いままでいられることに越したことはありません。
いわゆる若いままでいることは、年齢と比例して難しくなっていくことなのです。
もちろん人間は年老いていきますので、ただダラダラしていくだけではあれよという間に皺の数は増えていきます。
大切なのは、「生活の質」、特に食生活です。

一つ例を挙げると、食生活において「アラキドン酸」という成分を多く取り入れている人は、脳の働きにおいて「若さ」を保っていると言えます。
アラキドン酸は脳の細胞を構成する要素です。
このアラキドン酸の働きにより、学習や記憶といった基本的な事柄の能力が、摂取していない人よりも高いということが、明らかになっています。

あなたにとって「若い」ことの魅力は何ですか?
それは本質的には、「弾力のあるお肌」というよりも、心(脳)も体も健康であることにほかならないのではないでしょうか。